コロナウィルスは中国の生物兵器の可能性・動画

この記事は約4分で読めます。
コロナウィルスは中国の生物兵器の可能性・動画

中国の生物科学者らがこの6年間、コロナウイルスを含むウィルス生物兵器で第3次世界

大戦を着々と準備してきたという事が、米国の調査機関が入手した文書を通じて明らか

になりました。

 

ロシア人の6割が新型コロナウイルスは「生物兵器として人工的に作られた」
と考えていることが、世論調査で明らかになりました。

プログ本人
プログ本人

現状変更に躍起の中国なので、何をやってきても驚かないが、
国際社会がこのまま放置すれば、大変なことになる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

自宅で簡単PCR検査【Tケアクリニック】

誰がどう考えてもコロナは中国の兵器だと思います。

WHOにテドロスを送り込んでの私物化と情報操作をして

自国の思いどうりに動かして、アメリカ・インドと中国

が敵とみなす国に被害が大きいところ、全てが設計された

兵器としての性質が明確です。

お父さん
お父さん

本当に生物兵器とかでないなら、中国は情報を
徹底的に開示して、各国の不信感を取り除くための
努力をした方が良いと思います。

中国にかみついている英国とインドには強力な変異株を用意してて意識的にばらまい
たのでは?。

おまけに中国はインドの焼け死体を見せて自分はロケットの点火の写真で自分の良い所
を見せびらかしなど、この国を世界はこのまま放置すれば世界はとんでもない事になり
ます。

江戸川乱歩
江戸川乱歩

アメリカはベトナム戦争の戦死者よりコロナ死者が
うわまってしまいました。
普通に考えて、研究所から漏れたのが一番有力でしょ
生物兵器の有用性は確かに実証されたわけで。

生物兵器である事は、それを作り上げた国は全てを知っているいるだろう。

ウイルス発生の後余りにも素早い武漢の封鎖処理に意図的な行動が感じられる。

アメリカやオーストラリアが人工的につくられた物と言ってい
るが、自然に発生したウィルスとは考えにくい。

即身仏
即身仏

武漢は東京にほぼ匹敵する大都市です
東京のど真ん中でいきなり未知のウイルスが発生
したと考えれば、到底、理解できない事。
間違いなく、武漢研究所から漏れたものだ。

軍事評論家は第1次世界大戦を「化学戦争」とし、第2次世界大戦を「核戦争」と記述し
それらと違って、第3次世界大戦は「生物戦争」になると主張している。

おすすめ関連記事・オリンピック選手村の夜の性処理について・動画・こちら

みんなの意見

1.私たち一般人にはこの報道が本当かどうかは判断できませんが、今回のコロナ発生で
  一番得をしているのが中国と考えれば、単純にウソとは言えないと私は感じます。

2.人権無視、香港、ウイグル族弾圧、台湾への対応、ワクチン外交、尖閣、南沙諸島
  の侵略を考えれば方向は一致します。

怒るおばさん
怒るおばさん

誰が考えても中国でしょ
しかし、事前に米英などは情報を入手しており、
ワクチン開発してた可能性がありますよね。

おすすめ関連記事・東京五輪を猛批判ーー海外メディアーマスク配らずコンドーム配る。動画・こちら

日本がオリンピック開催国になってから中国の春節に合わせてのテロ攻撃だと思います。

あんなに都合よくコロナが出てくるはずもなく企んでたとしか思えなかった、
ずーっと自身は疑ってましたしやっぱりなと思います。

WHOのペドロスという男は完全に中国の腰巾着で
金で動く男。

武漢ウィルスとは呼ばせなかった理由として特定の
国・地域に偏見が出ない

ようにと言っておきながら、ブラジル株、イギリス株、
インド株と中国以外については名指して言いたい放題。

神社神主
神社神主

どこの国もこのシナリオくらい考えているはずで、
中国やロシアが生物兵器を研究しているのは間違
いない事実であります。

意図的に発生させたのであれば、世界の人々がコロナによって亡くなっている現状を
見ると何ら戦争と変わらない事態でもある。

こんな事が許されるはずもなく、生物テロとして世界は許してはなりません。

何もしなければまた同じような生物兵器テロが起こり兼ねない。

カナダの研究所からウィルスを国外に持ち出そうとした2人の中国人科学者が、

アメリカ治安当局に逮捕されたというニュースを見た事がある。

その2人は武漢の研究所にも出入りしていたそうだ。

こういうニュースをみると生物兵器の可能性も出てくる。

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

おすすめ人気記事・DHC会長ーNHKは日本の敵。いらない。潰しましょう。動画・こちら

フクロウ
フクロウ

まとめ

日本も生物兵器に対抗するワクチンの研究をしなければならない。

終わり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました